Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口

金融庁を名乗りメールを送り付け、クレジットカード情報などをだまし取るフィッシング攻撃が確認された。フィッシング対策協議会では注意を呼びかけている。

20221004_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

今回確認されたフィッシング攻撃は、金融庁を名乗り、「【金融庁緊急連絡】重要なお知らせ」といった件名のメールを送り付ける手口。

メールの本文では、「安全改革法令によって、2022年10月1日よりカードを所有する日本人は審査と認証の協力しなければなりません」「金融庁からメールが届いた場合、1日以内に個人アカウントの審査と認証を完成しなければなりません」などと説明。

「審査と認証を完了させるまで、お持ちのカードはすべて使えなくなります」などと不安を煽り、偽サイトへ誘導していた。

偽サイトでは、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコード、住所、電話番号などをだまし取る。

誘導先として複数のURLが悪用されていた。10月4日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシングサイトに注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIGLOBE」に見せかけ、請求メールに見せかけたフィッシング攻撃
Twitterアカウント狙うフィッシング攻撃が増加 - 「Twitter Blue」に便乗
ETC利用者狙うフィッシング - QRコードで誘導
楽天装うフィッシング - 「注文を出荷できません」などと不安煽る
「ゆうちょ銀」装うフィッシングに注意 - 20種類以上の件名バリエーション
ソニー銀装うフィッシング攻撃に注意 - 取引目的の定期確認を偽装
じゃらんnet装うフィッシング攻撃が発生 - 全国旅行支援を標的か
「新生銀行」を装うフィッシング - 乱数表の写真も要求
警察庁かたるSMS、偽アプリなどへ誘導
「MyJCB」を装うフィッシング - 「不正利用の可能性」と不安煽る