Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず

アクセサリーの通信販売サイト「CASUCAオンラインショップ」が不正アクセスを受け、クレジットカード情報が流出し、不正に利用された可能性があることがわかった。

同サイトを運営するカスカによれば、脆弱性を突かれ、同サイトの決済アプリケーションが改ざんされたもの。2021年6月8日から同年10月31日にかけて顧客317人が利用したクレジットカード情報が外部に流出し、不正に利用された可能性がある。

対象となるのは、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコード。2022年7月15日にクレジットカード会社から情報流出の可能性について指摘があり、同日よりクレジットカード決済を停止して調査を行っていた。

同社では、7月26日に個人情報保護委員会へ報告。8月24日に警察へ被害を申告した。顧客に対しては、9月29日よりメールや書面を通じて経緯を説明するとともに謝罪し、身に覚えのない請求が行われていないか確認するよう注意を喚起している。

同社では、調査結果を受けて従来とは異なるショッピングカートサイトと契約。あらたなeコマースサイトの構築を進めているという。再開時には旧サイトの顧客リストを使用せず、顧客情報がない状態よりあらたにスタートする方針だという。

都内の2店舗については、通常通り営業しており、オンライン通販に関しては、再開までショッピングモールのオンラインショップを利用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃で一部電子カルテを閲覧できず - 金沢西病院
「VMware ESXi」や「VMware vCenter Server」に脆弱性 - アップデートが公開
バッファローの複数Wi-Fi関連製品に脆弱性 - ファームウェアの更新を
「オリコ」装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 15種類以上の件名
サーバに不正アクセス、サイトを一時停止 - バンタン
クレカ情報流出の可能性、一部不正利用も - コーヒー豆通販サイト
IPA、独政府「産業制御システムの10大脅威」の日本語版を公開 - チェックリストも
「Oracle Fusion Middleware」の既知脆弱性に対する攻撃が発生
Proofpoint製品にメール経由で攻撃可能となる深刻な脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正