Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象

Zohoが提供する複数のアクセス管理製品に深刻な脆弱性が明らかとなった。対象となる製品では、6月に判明した脆弱性の悪用が確認されるなど標的とされており、早急な対処が求められる。

パスワード管理機能を提供する「ManageEngine Password Manager Pro」をはじめ、特権管理製品「ManageEngine PAM360」、シングルサインオン製品「ManageEngine Access Manager Plus」にSQLインジェクションの脆弱性「CVE-2022-40300」が明らかとなったもの。

同脆弱性を悪用することで、データベースに対してクエリの実行が可能となる。同社では重要度を4段階中2番目にあたる「高(High)」とレーティングしている。

一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において同脆弱性のベーススコアを「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」と評価した。

同社では、「Password Manager Pro 12121」「PAM360 5600」「Access Manager Plus 4305」を9月10日、11日にリリースし、これら脆弱性に対処している。

(Security NEXT - 2022/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

輸入楽譜専門店の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出
事業申込用のフォームで設定ミスが発生 - 川崎市社会福祉協議会
WP向けプラグイン「SiteGuard WP Plugin」に脆弱性 - アップデートを
サイバー攻撃で従業員などの個人情報が流出した可能性 - 森永製菓
学生が患者の個人情報含むカルテの写真をSNSに投稿 - 名古屋大病院
Trellixの不正侵入防止製品に複数脆弱性 - アップデートを
1月のランサム被害に関するあらたな情報流出を確認 - 綜研化学
ぐんまフラワーパークの元指定管理者が個人情報を不正利用
都再委託先でランサム被害 - データにはパスワード設定
「Chrome」にアップデート - 複数の脆弱性に対応