Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト

トレーディングカードの通信販売サイトである「トレトク」において、他利用者に関する個人情報を閲覧できる状態となっていたことが判明した。

同サイトを運営する山徳によれば、システムにおけるプログラムのバグにより、2019年2月19日のサービス提供開始当時より、特定の手順でアクセスすると、本人以外の登録者に関する情報が閲覧できる状態だったという。

9月16日に同サービスの利用者から指摘を受け、社内調査を行ったところ問題が判明した。氏名、住所、電話番号、メールアドレス、クレジットカード番号の下4桁および有効期限、購入履歴、ポイント履歴などを閲覧されたおそれがある。

同社では指摘を受けた16日に原因を特定し、プログラムを修正。問題を解消した。

(Security NEXT - 2022/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開
会員管理システムにサイバー攻撃、情報流出の可能性 - 日本栄養士連盟
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開