Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows端末の管理ツールにゼロデイ脆弱性 - 定例外アップデートが公開

エンドポイントやサーバなどWindows端末の管理機能を提供する「Microsoft Endpoint Configuration Manager(MECM)」に、なりすましの脆弱性が明らかとなった。すでに脆弱性情報が公開されており、マイクロソフトでは9月20日に定例外でアップデートをリリースした。

「Microsoft Endpoint Configuration Manager」のオプション設定で代替の認証手段として「NTLM」を使用することを無効化しているにも関わらず、「Kerberos」において認証エラーが発生した場合などに「NTLM」による認証を試行する脆弱性「CVE-2022-37972」が明らかになったもの。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.5」、同社は脆弱性の重要度を、4段階中、上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングしている。

脆弱性の悪用は確認されていない。すでに脆弱性に関する情報が公開済みだが、悪用可能性指標は、4段階中、下から2番目にあたる「悪用される可能性は低い」と評価している。

同社は脆弱性を修正するアップデートを定例外でリリースした。「NTLM認証」に代替接続するオプションについては、デフォルトで無効となっており、可能なかぎり無効のまま利用することを推奨している。

(Security NEXT - 2022/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料