Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本赤十字社のフィッシングに注意 - 実在する寄付サイトを偽装

日本赤十字社の実在する寄付サイトに見せかけ、個人情報やクレジットカード情報をだまし取るフィッシング攻撃が発生している。フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

日本赤十字社では、災害時における医療救護体制の強化や新型コロナウイルスなどの感染症拡大防止活動を支援する寄付を呼びかけているが、こうした活動に便乗するフィッシング攻撃が確認されたもの。

攻撃者は、「【COVID-19】コロナ対策、慈善寄付」といった件名でメールを送信。新型コロナウイルス感染症の治療や拡大防止のため、活動に取り組んでいるなどと説明し、実在する正規サイトからデザインを盗用した偽サイトへ誘導していた。

フィッシングサイトでは、氏名や生年月日、性別、住所、メールアドレス、電話番号、クレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなどをだまし取る。

正規サイトでは最低寄付額が2000円となっているが、偽サイトでは最低額を20円と変更しており、少額でも寄付できるかのように見せかけ、情報を詐取しようとしていた。

9月20日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「FortiOS」に5件の脆弱性 - アップデートで修正
サーバにランサム攻撃、業務に影響はなし - オイレス工業
ランサム被害による個人情報流出を確認 - 岡山県精神科医療センター
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - アップデートの実施を
申込用に公開した表計算ファイルに個人情報 - 都立豊島病院
クラウドストレージでデータ流出や消失被害 - ビルコム
転職支援サイトに不正アクセス - 海外サイトに会員情報
小学校児童の個人情報が記載されたサポート票を紛失 - 大阪市
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ