Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Geode」にRCE脆弱性、最新版へアップデートを

複数マシンのメモリにデータを分散配置して処理できる「Apache Geode」にリモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性が明らかとなった。

「同1.14.0」「同1.13.4」「同1.12.5」および「Java 8」を利用する環境で「RMI」を介して「JMX」を使用する場合に、信頼できないデータをデシリアライズする脆弱性「CVE-2022-37021」が明らかとなったもの。悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがある。開発チームは、脆弱性の重要度を「高(High)」としている。

一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、同脆弱性について共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアを「9.8」、重要度を「クリティカル(Critical)」とした。

さらに「CVE-2022-37022」「CVE-2022-37023」も明らかとなっている。これらもデシリアライゼーションにおける脆弱性で、開発チームは重要度を「高(High)」とレーティング。「NVD」によるCVSS基本値の評価はそれぞれ「8.8」「6.5」。

開発チームでは、6月にリリースした最新版の「Apache Geode 1.15」にて修正済みとし、あわせて「Java 11」を利用するよう呼びかけている。「Java 11」を利用できない場合は、「Apache Geode 1.15」において起動時に特定のオプションを有効化するよう求めた。

また緩和策として、必要としていない場合は、「RMI」を介した「JMX」や「REST API」などのサービスを無効化するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月