Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運

港湾運送事業を展開する住和港運は、業務で使用しているサーバがサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。

同社によれば、6月4日9時ごろ、パソコンをサーバに接続できない状態になっていることを出社した親会社の従業員が確認した。

同サーバがランサムウェアに感染していることが判明し、ネットワークから隔離。外部事業者による調査を実施するとともに、警察へ被害を申告、個人情報保護委員会へ報告した。

外部事業者による調査では、6月2日22時ごろにグループ会社のネットワークへの不正アクセスが行われ、同月4日2時ごろよりランサムウェアによってサーバ内のデータを暗号化されたことが明らかとなった。

一方、調査が完了するも情報流出の有無や対象範囲などの特定に至らず、外部にデータが流出した可能性も否定できないという。被害が発生したサーバに関してはすでに復旧しており、業務への影響はないとしている。

(Security NEXT - 2022/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月
民生委員が高齢者名簿を紛失、10カ月以上前に - 行田市
先週注目された記事(2024年7月7日〜2024年7月13日)
侵害調査で個人情報の一部流出を確認 - 住友重機械工業
複数問合の同時並行対応で添付ファイルを取り違え - 大阪市