Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生

全国で節電が呼びかけられており、電力需給にも高い関心が寄せられているが、こうした状況に便乗するフィッシング攻撃が発生しており、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

資源エネルギー庁を装い、経済産業省の「電力需給対策」と関連あるかのように見せかけ、「電力使用情報が不正確なので要確認」などと不安を煽るメールを送りつけるフィッシング攻撃が確認されたもの。

メールの本文では「現在、電力需給ひっ迫注意報が発令されている」「顧客情報が不正確であることがわかった」などと説明。顧客情報を確認する必要があるなどとだまして、偽サイトへ誘導していた。フィッシングサイトでは、複数電気事業者のロゴを配置。氏名や住所、電話番号のほか、クレジットカード情報などの入力を求める。

フィッシングメールには、不自然な日本語の言い回しも見られ、日本語を母国語としない攻撃者によって作成されたものと見られる。

8月9日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同サイトの閉鎖に向けて同協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/08/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター