Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正

マイクロソフトは、ブラウザの最新版「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリースした。独自の修正も含まれる。

今回のアップデートは、「Chromium 104.0.5112.81」「同104.0.5112.80」「同104.0.5112.79」をベースとしたもの。同バージョンにおけるセキュリティ上の修正が反映されている。また「Chrome」のデータインポートに対応するなど機能強化なども盛り込んだ。

またアップデートにあたり、マイクロソフトでは独自に3件の脆弱性「CVE-2022-33636」「CVE-2022-33649」「CVE-2022-35796」を解消した。

「CVE-2022-33649」は、ストアアプリの起動を許可するよう求めるダイアログ機能がバイパスされる脆弱性。重要度は4段階中、上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングされている。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.6」。

細工したサイトで攻撃者が競合状態に勝つとリモートよりコードを実行されるおそれがある「CVE-2022-33636」については重要度を「中(Moderate)」、権限昇格の脆弱性「CVE-2022-35796」は「低(Low)」とした。CVSS基本値はそれぞれ「8.3」「7.5」と評価されている。

(Security NEXT - 2022/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中