Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリース - 独自に3件の脆弱性を修正

マイクロソフトは、ブラウザの最新版「Microsoft Edge 104.0.1293.47」をリリースした。独自の修正も含まれる。

今回のアップデートは、「Chromium 104.0.5112.81」「同104.0.5112.80」「同104.0.5112.79」をベースとしたもの。同バージョンにおけるセキュリティ上の修正が反映されている。また「Chrome」のデータインポートに対応するなど機能強化なども盛り込んだ。

またアップデートにあたり、マイクロソフトでは独自に3件の脆弱性「CVE-2022-33636」「CVE-2022-33649」「CVE-2022-35796」を解消した。

「CVE-2022-33649」は、ストアアプリの起動を許可するよう求めるダイアログ機能がバイパスされる脆弱性。重要度は4段階中、上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングされている。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.6」。

細工したサイトで攻撃者が競合状態に勝つとリモートよりコードを実行されるおそれがある「CVE-2022-33636」については重要度を「中(Moderate)」、権限昇格の脆弱性「CVE-2022-35796」は「低(Low)」とした。CVSS基本値はそれぞれ「8.3」「7.5」と評価されている。

(Security NEXT - 2022/08/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響