Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会

高知県社会福祉協議会は、福祉サービス利用者とその家族の個人情報が記載された書類の所在がわからなくなっていることを明らかにした。

同協議会によれば、中央西福祉保健所管内の利用者1人とその家族3人の個人情報を含む書類が所在不明となっているもの。

「福祉サービス利用援助」契約に関する書類一式で、利用者の氏名、住所、電話番号、生年月日、口座番号、障害の有無、利用している福祉制度のほか、家族の氏名、住所、年齢、利用している福祉制度などが記載されている。

4月26日に同協議会の職員から上長に書類がないと報告があり、紛失が判明した。書類を最後に確認したのは2018年2月から3月ごろで、鍵のかかる書棚で保管していたという。

事務所内の捜索や関係者への聞き取りを行ったが発見できなかった。紛失した経緯はわかっていない。同協議会は対象となる利用者と家族に対して経緯の説明と謝罪を行ったが、不正利用などは確認されていない。

(Security NEXT - 2022/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京ガスや子会社で個人情報流出の可能性 - 約416万人分
問合フォームの入力情報が外部流出の可能性 - オリジン東秀
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性386件に対応
サイトが改ざん被害、情報流出は否定 - 秋田県立医療療育センター
「WooCommerce」向けフィルタプラグインに脆弱性
食肉通販サイトが不正アクセス被害 - 顧客情報を外部送信
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
ブラウザ「Chrome」にアップデート - セキュ関連で10件の修正
CTFイベント「SECCON 13」、今秋に予選 - 決勝は2025年3月