Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

福祉サービスの一部契約書類が所在不明に - 高知県社会福祉協議会

高知県社会福祉協議会は、福祉サービス利用者とその家族の個人情報が記載された書類の所在がわからなくなっていることを明らかにした。

同協議会によれば、中央西福祉保健所管内の利用者1人とその家族3人の個人情報を含む書類が所在不明となっているもの。

「福祉サービス利用援助」契約に関する書類一式で、利用者の氏名、住所、電話番号、生年月日、口座番号、障害の有無、利用している福祉制度のほか、家族の氏名、住所、年齢、利用している福祉制度などが記載されている。

4月26日に同協議会の職員から上長に書類がないと報告があり、紛失が判明した。書類を最後に確認したのは2018年2月から3月ごろで、鍵のかかる書棚で保管していたという。

事務所内の捜索や関係者への聞き取りを行ったが発見できなかった。紛失した経緯はわかっていない。同協議会は対象となる利用者と家族に対して経緯の説明と謝罪を行ったが、不正利用などは確認されていない。

(Security NEXT - 2022/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市
「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
QNAP製NAS狙うランサムウェアの被害が拡大傾向 - 利用者は注意を
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
QNAP、NASのファームウェア更新を呼びかけ - あらたなランサム攻撃を調査中
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
子会社の事務所倉庫で顧客情報含む伝票が所在不明に - 村田機械
従業員の顔画像含む認証機器が所在不明 - システム開発会社