Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意

BBソフトサービスによると、検知したフィッシングサイトにおいてクレジットカードのブランドを悪用しているケースの割合が増加している。全体の7割弱にのぼり、特に「三菱UFJニコス」を悪用するケースが目立っている。

6月に同社が製品で検知したフィッシングサイトの動向について取りまとめたもの。6月にもっとも多く検知されたのは、クレジットカードやファイナンス分野のフィッシングサイトで、全体の67.7%にのぼる。前月の54.6%から13.1ポイント上昇した。

ウェブサービスを偽装するケースについても9.3%から11.3%へ増加。一方、ECサイトは15.5%から11.0%に縮小。携帯電話キャリアを装うケースについては、17.4%から8.2%へと半減した。

悪用された具体的なブランドを見ると「三菱UFJニコス」がもっとも多く、フィッシングサイト全体の39.2%を占めている。前月の6.9%から大幅に上昇した。次に多い「セゾンカード(17.4%)」をあわせると半数を超えている。

このほか、前月の19.4%より割合は下がったものの、「三井住友カード」が7.4%にのぼり、「イオンカード」「エポスカード」などのフィッシングサイトも引き続き検知されている。

(Security NEXT - 2022/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害