Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意

BBソフトサービスによると、検知したフィッシングサイトにおいてクレジットカードのブランドを悪用しているケースの割合が増加している。全体の7割弱にのぼり、特に「三菱UFJニコス」を悪用するケースが目立っている。

6月に同社が製品で検知したフィッシングサイトの動向について取りまとめたもの。6月にもっとも多く検知されたのは、クレジットカードやファイナンス分野のフィッシングサイトで、全体の67.7%にのぼる。前月の54.6%から13.1ポイント上昇した。

ウェブサービスを偽装するケースについても9.3%から11.3%へ増加。一方、ECサイトは15.5%から11.0%に縮小。携帯電話キャリアを装うケースについては、17.4%から8.2%へと半減した。

悪用された具体的なブランドを見ると「三菱UFJニコス」がもっとも多く、フィッシングサイト全体の39.2%を占めている。前月の6.9%から大幅に上昇した。次に多い「セゾンカード(17.4%)」をあわせると半数を超えている。

このほか、前月の19.4%より割合は下がったものの、「三井住友カード」が7.4%にのぼり、「イオンカード」「エポスカード」などのフィッシングサイトも引き続き検知されている。

(Security NEXT - 2022/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部Window端末が正常に起動できず - CrowdStrikeが不具合認める
システムの仕様を知らずメール誤送信が発生 - 東京都福祉保健財団
市教委で特別支援教育就学奨励費対象児童の一部名簿を紛失 - 湖西市
Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
書類が車両走行中に散乱、一部未回収 - 明治国際医療大
職員がサポート詐欺被害、被害端末内に個人情報 - 吉田町
メールシステムで設定ミス、当初ベンダーも原因特定できず - 上智大
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始