Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

動画配信サービス「Hulu」のアプリに脆弱性

動画配信サービス「Hulu」のスマートデバイス向けアプリに脆弱性が明らかとなった。修正が実施されている。

iOS版では、サーバ証明書の検証に問題があり、中間者攻撃(MITM攻撃)が可能となる脆弱性「CVE-2022-34156」が判明した。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「4.8」。

同脆弱性は、GMOサイバーセキュリティbyイエラエの熊坂駿吾氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。脆弱性を修正した「同3.0.81」が提供されている。

また同アプリのAndroid版では、外部サービスのAPIキーがハードコードされている脆弱性「CVE-2022-35734」が明らかとなった。

ブロードバンドセキュリティの佐藤竜氏が報告したもので、アプリの利用者に直接影響はないが、同APIキーを窃取されるおそれがあるとして同APIキーの無効化が実施された。「同3.1.2」ではAPIキーが削除されている。

(Security NEXT - 2022/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
NVIDIA製メタバースツールキットに脆弱性 - アップデートで修正
「Apache HTTPD」にアップデート - 脆弱性3件を修正
Oracleが定例アップデート公開 -のべ327件の脆弱性を修正