Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

農業経営者の個人情報を県内自治体に誤送信 - 静岡県

静岡県は、志太榛原農林事務所において、メールアドレスの入力ミスにより、申請者の個人情報を県内市町へ誤送信したことを明らかにした。

同県によれば、7月8日18時前に農業者の経営改善計画申請者の個人情報を送信する際、メールアドレスの入力を誤り、県内市町の総務課など35カ所に送信するミスがあったという。

申請者の氏名、住所、携帯電話番号、生年月日、年間所得、作付面積、生産量などが含まれる。

7月11日に受信した自治体から返信されたメールにより誤送信に気付いた。同市では同日、申請者に謝罪。送信先となった自治体に対しても謝罪し、データの削除を依頼した。

(Security NEXT - 2022/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア感染、9分後に遮断するも情報流出の疑い - 小学館集英社プロ
Apple、macOSやiOSのアップデートを公開 - ゼロデイ脆弱性2件を修正
入学選抜情報をクラウド上に保存、複数生徒がアクセス - 都立高校
記事執筆者の口座情報をメールで誤送信 - 日本ITU協会
「ICTサイバーセキュリティ総合対策2022」を公開 - 総務省
100社限定で中小企業の「EDR」体験導入を支援 - 東京都
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
公式アプリで不正ログイン被害、PWリセットを実施 - ハードオフ
ネットアンケートで回答一覧が閲覧可能に、設定ミスで - 大阪府立高
「Chrome」にアップデート、ゼロデイ脆弱性などを修正