Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバー攻撃で基幹システムなどに被害 - クロスプラス

アパレル事業を展開するクロスプラスは、同社データセンターのサーバがサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。被害状況について調査を進めている。

同社によると、7月19日早朝にデータセンターのサーバが外部よりサイバー攻撃を受けたもの。

基幹システムや関連システムで被害が発生しており、オンラインサイトによる販売や取引先への配送などに影響が出ているという。7月21日の時点でコーポレートサイトなども正しく表示されない状況となっている。

同社では、外部事業者などの協力も得ながら、原因や情報流出の有無など調査を進めるとともに、復旧作業を進めている。

被害の具体的な内容は明らかにしておらず、本誌取材に対して、現在調査中で発表した内容以上のことは話すことができないとしてコメントは得られなかった。

(Security NEXT - 2022/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ