Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含む介護保険関連書類を紛失 - 摂津市

大阪府摂津市は、介護保険に関する書類の紛失事故が複数発生したことを明らかにした。

同市によれば、介護保険料の不納欠損処分予告通知者のリストや介護保険サービスのケアプランを作成する際に必要となる主治医意見書などが所在不明となっているもの。

介護保険料の不納欠損処分予告通知者のリストについては、5月25日に紛失が判明。2020年度のリストで被保険者の氏名、介護保険被保険者番号、不納欠損額、滞納期間など303人分の個人情報が記載されていた。文書の取り扱い基準に基づく起案処理や保管ができていなかったという。

また地域包括支援センターでは、6月1日、同月10日にあわせて2人分の主治医意見書、認定調査票、介護認定調査票を紛失していることが判明した。保管方法に不備があったとしている。

紛失の判明を受けて同市では対象者に対し、経緯の説明や謝罪を行った。

(Security NEXT - 2022/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性