Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器

電気機器の製造や販売を手がける河村電器産業は、同社やグループ会社がランサムウェアによるサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。一部データについては復旧を断念したという。

同社および子会社である河村電器販売、キッズウェイ、テクノバン、河村物流サービスがサイバー攻撃を受けたもの。SSL VPNにおける脆弱性を突かれ、サーバやNASがランサムウェア「CryptXXX」に感染したという。

4月18日に社内システムで異常を確認し、サイバー攻撃を受けたことが判明。一部データが暗号化されたことを確認し、警察へ被害を相談するとともに、システムを停止して外部事業者の協力のもと調査を進めていた。

今回のサイバー攻撃で、同社やグループの退職者を含む従業員の情報が暗号化される被害が発生。氏名、住所、電話番号、生年月日、性別など含まれる。マイナンバーについては含まれておらず、外部において情報の流出は確認されていないとしている。

暗号化された従業員情報の復旧については6月6日に断念。個人情報の毀損が生じたとして個人情報保護委員会に報告した。

(Security NEXT - 2022/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
「JSAC2025」は2025年1月に都内で開催 - CFPを開始
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
サーバがランサム被害、データが暗号化 - 日本テレビHD子会社
「Magento」「VMware vCenter」など脆弱性3件の悪用を確認 - 米当局が注意喚起
「Apache HTTPD」が今月3度目のセキュリティアップデート
SonicWallのVPN関連で複数の脆弱性 - アップデートが公開
試写会の応募申込フォームに不備 - 神戸の商業施設
給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区