Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器

電気機器の製造や販売を手がける河村電器産業は、同社やグループ会社がランサムウェアによるサイバー攻撃を受けたことを明らかにした。一部データについては復旧を断念したという。

同社および子会社である河村電器販売、キッズウェイ、テクノバン、河村物流サービスがサイバー攻撃を受けたもの。SSL VPNにおける脆弱性を突かれ、サーバやNASがランサムウェア「CryptXXX」に感染したという。

4月18日に社内システムで異常を確認し、サイバー攻撃を受けたことが判明。一部データが暗号化されたことを確認し、警察へ被害を相談するとともに、システムを停止して外部事業者の協力のもと調査を進めていた。

今回のサイバー攻撃で、同社やグループの退職者を含む従業員の情報が暗号化される被害が発生。氏名、住所、電話番号、生年月日、性別など含まれる。マイナンバーについては含まれておらず、外部において情報の流出は確認されていないとしている。

暗号化された従業員情報の復旧については6月6日に断念。個人情報の毀損が生じたとして個人情報保護委員会に報告した。

(Security NEXT - 2022/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ