Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Cisco製コラボレーションツールに重要度「Critical」の脆弱性

Cisco Systemsの「Cisco Expresswayシリーズ」および「Cisco TelePresence Video Communication Server(VCS)」に深刻な脆弱性が明らかとなった。アップデートが提供されている。

APIやウェブベースの管理インタフェースに2件の脆弱性「CVE-2022-20812」「CVE-2022-20813」が判明したもの。いずれも悪用は確認されていないという。

「CVE-2022-20812」は、クラスタデータベースのAPIにおいてコマンド引数の入力検証に不備があり、パストラバーサルによってファイルの上書きが可能となる脆弱性。

脆弱性の悪用には、アプリケーションにおける管理者の読み取りや書き込み権限が必要となるが、OSのroot権限でファイルの上書きが可能になるという。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.0」で、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

またヌルバイトポイズニングの脆弱性「CVE-2022-20813」が明らかとなった。証明書の検証処理に不備があり、中間者攻撃により細工した証明書を使用してエンドポイントを偽装し、通信内容の盗聴や改ざんが行われるおそれがある。CVSS基本値は「7.4」、重要度は「高(High)」。

同社では、脆弱性を解消した「同14.0.7」をリリース。同バージョンへ更新するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/07/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

KDDI、通信障害の返金案内を開始 - 便乗フィッシングに注意を
難病研究用データに個人情報、ファイルから削除し忘れ - 厚労省
美容品販売サイトでクレカ情報流出か - 不正利用の可能性
Cisco製セキュリティアプライアンスにRSA秘密鍵漏洩のおそれ
MS、月例パッチで修正した脆弱性の件数を上方修正
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
オンライン会議アプリ「Zoom」のMac版にあらたな脆弱性が判明
Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局