Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2店舗で本人確認資料などを紛失 - 佐原信金

佐原信用金庫は、2店舗において顧客情報が記載された書類の紛失や誤廃棄が発生したことを明らかにした。

同金庫によれば、顧客の氏名、住所、生年月日、職業などが記載されている「本人確認記録書」や、添付した公的書類の写しである「本人確認資料」が一部所在不明となっていたり、誤って廃棄していたことが内部調査により判明したもの。

本人確認記録書は、取引終了後7年間保存する必要があるが、大栄支店では900件を紛失。本店営業部北出張所では、1359件を誤って廃棄していた。

同金庫は本人確認記録書について、通常外部に持ち出す書類ではないとし、紛失したものも含め、保存期限を迎えた他書類と一緒に廃棄したと説明している。

(Security NEXT - 2022/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Linuxカーネルに「Dirty COW」に類似した脆弱性見つかる
「UnRAR」の既知脆弱性、悪用リスクが高まる
開示請求の照会文書を親会社へ誤送付 - 熊本労働局
オープンキャンパス申込者宛のメールで誤送信 - 静岡県立大
小学校で児童のPCR検査結果を複数保護者へ誤送信 - 守谷市
「FortiOS」「FortiADC」など複数のFortinet製品に脆弱性
複数のAdobe製品に脆弱性 - アップデートがリリース
VMware、複数製品向けにセキュリティアップデートを公開
Zoomに深刻な脆弱性、悪意ある会議URL開くと攻撃受けるおそれも
Palo Alto Networks製品に脆弱性 - 反射型DoS攻撃の踏み台となるおそれ