Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「読売新聞オンライン」に不正アクセス - 同社経由のアカウント情報流出は否定

読売新聞は、「読売新聞オンライン」の会員情報を管理するシステムが不正アクセスを受けたことを明らかにした。

読売新聞グループ本社によると、7月2日17時40分ごろより、同サービスに対して不正アクセスが行われたもの。同月4日17時ごろにかけて約3万件のログインが行われたが、正規のアクセスと不正アクセスが混在したという。不正アクセスの具体的な件数についてはわかっていない。

本誌では同社を取材し、被害へ気がついた経緯、普段のログイン件数、期間中に行われたログインの試行回数などを尋ねたが、セキュリティに関わるとして回答は得られなかった。

同社では、会員情報の流出を防止するため、ログインのあった会員のパスワードを無効化。対象となる会員にパスワードの再設定を依頼した。

ログインに用いられたID、パスワードの入手元は不明。同社経由の情報流出については、7月5日の時点で確認されていないとして否定している。

(Security NEXT - 2022/07/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「Apache Hadoop」にコマンドインジェクションの脆弱性
サーバがランサム被害、情報流出の有無は判断つかず - 住和港運
VMware製IDアクセス管理製品の脆弱性を狙うあらたな悪用コードが公開
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートにて修正
MSが月例パッチを公開、脆弱性121件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
MS、約2年7カ月を経てゼロデイ脆弱性「Dogwalk」を修正 - すでに悪用も
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
「かながわ旅割」に参加する旅行業者宛のメールで誤送信 - 神奈川県
申請書ファイルに個人情報、変換元ファイルをサイトに誤掲載 - 加須市