Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性

カラーコンタクトレンズや化粧品の小売事業を展開するサンシティは、同社が運営するオンライン通信販売サイトが不正アクセスを受け、クレジットカード情報が外部に流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば脆弱性を突く不正アクセスがあり、決済アプリケーションを改ざんされたもの。2020年2月23日から2021年4月28日にかけてサイトで商品を購入した顧客のクレジットカードの名義、番号、有効期限、セキュリティコードなど1133件が外部に流出し、第三者によって不正に利用された可能性がある。

2021年6月10日にクレジットカード会社から情報流出の可能性について指摘があったという。クレジットカード決済を停止し、別の決済会社で異なる方法により決済を再開したものの、同年11月10日に同サイトにおけるクレジットカードの決済を再度停止。その後外部事業者による調査を開始した。

外部事業者による調査を2022年4月7日に終え、5月10日に個人情報保護委員会へ報告。同月17日に警察へ被害を申告した。対象となる顧客に対しては、6月29日よりメールで個別に経緯を説明、謝罪しており、身に覚えのない請求が行われていないか、請求内容を確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員アカウントが不正アクセス被害 - 埼玉大
事業者向けDIY通販サイトに不正アクセス - サービス開始から約2週間で被害
メタップスP、改善措置の報告書を提出 - 役員人事など発表
アニメ制作会社ショップに不正アクセス - 顧客情報が流出
決済会社にサイバー攻撃、影響受けた可能性 - フランス文化センター
スニーカー通販サイト、顧客情報流出の可能性 - リニューアル前の被害が判明
看護関係者向けサイトへのPWリスト攻撃、調査結果が明らかに - 試行回数は6882万件
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店