Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Gitlab」に「SSRF」の脆弱性 - 2月のアップデートで修正済み

開発プラットフォーム「Gitlab」に脆弱性が明らかとなった。2月にリリースされたセキュリティアップデートで修正済みだという。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、プロジェクトのインポート機能に「サーバサイドリクエストフォージェリ(SSRF)」の脆弱性「CVE-2022-0136」が明らかとなったもの。

脆弱性を悪用されると、「GitLab」のインスタンスのネットワーク内で、任意の「HTTPリクエスト」や「gitリクエスト」が行われるおそれがあるという。Gitlabでは、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「5.4」、脆弱性を「中(Medium)」とレーティングしている。

同脆弱性は、GMOサイバーセキュリティbyイエラエの西谷完太氏が、Gitlabに報告、調整を経てJVNでも情報が公開された。Gitlabでは、2月に「Gitlab 14.7.1」「同14.6.4」「同14.5.4」の「コミュニティ版」「エンタープライズ版」をリリースしており、今回の「CVE-2022-0136」を含む脆弱性14件を修正。修正を呼びかけていた。

(Security NEXT - 2022/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ診断サービスでレッドチーム演習を提供 - GMO-CS
ボランティア宛のメールで送信ミス - 大阪歴史博物館
「Chrome」に緊急アップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「読売新聞オンライン」に不正アクセス - 同社経由のアカウント情報流出は否定
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
約800自治体が採用する電子申請のヘルプデスクがEmotet感染
KDDIの通信障害、約2日半ぶりにほぼ復旧
研修支援サービスで外部より個人情報へアクセス可能に - リスモン
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県