Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、脆弱性を解消した「Chrome 102.0.5005.115」をリリース

Googleは、WindowsやmacOS、Linux向けにブラウザの最新版「Chrome 102.0.5005.115」をリリースした。複数の脆弱性を解消している。

今回のアップデートでは、セキュリティに関する7件の問題を解消。CVEベースで脆弱性4件に対処したことを明らかにしている。重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

公表された脆弱性はいずれも重要度が2番目に高い「高(High)」とレーティングされている。解放後のメモリを使用するいわゆる「Use After Free」や、域外メモリへの書き込み、読み込みを行う脆弱性を修正した。

同社では今後数日から数週間をかけてアップデートを展開する予定。今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-2007
CVE-2022-2008
CVE-2022-2010
CVE-2022-2011

(Security NEXT - 2022/06/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
ディスクユニオンで個人情報約70万件流出の可能性 - パスワードなども
カラコン通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出、不正利用された可能性
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
Mozilla、最新ブラウザ「Firefox 102」をリリース - 脆弱性19件を修正
保育所利用者の配布書類裏面に別人の個人情報、割込印刷後に誤操作 - 船橋市