Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

認証飲食店PRで店舗ではなく申請者住所を誤掲載 - 香川県

香川県は、かがわ安心飲食店認証制度専用サイトにおいて、店舗の所在地を表示すべきところ、誤って申請者の住所を表示するミスがあったことを明らかにした。

同県によれば、同サイトを改修し、5月31日12時ごろよりトップページにおいて、PRを目的にランダムで認証店を4件ずつ表示していたが、その際に本来は店舗の所在地を表示すべきところ、申請者の住所を掲載するミスがあったという。

同日13時半ごろ、県の担当者が申請者の住所が掲載されていることを確認。15分後、対象の個人情報をサイト上から削除した。

委託先事業者が設定を誤り、同県による確認も不足していたという。問題の判明を受けて、同サイトに掲載する全2603店舗に対して、委託先事業者より謝罪の書面を送付するとしている。

(Security NEXT - 2022/06/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ひな人形の通販サイト、クレカ含む個人情報が流出した可能性
不正アクセスで顧客の個人情報が流出の可能性 - スマホ買取店
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
高校で学校説明会の申込者情報が閲覧可能に - 宮城県
イベント応募者情報を誤送信、フォーム設定が未更新で - 東京都建設局
NPO法人職員の個人情報を内閣府サイト上で誤公開 - 奈良県
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す
ワイシャツのオーダーサイトで個人情報流出の可能性 - 店舗顧客にも影響