Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MSDT」にゼロデイ脆弱性「Follina」 - MSが回避策をアナウンス

「Microsoft Support Diagnostic Tool(MSDT)」にゼロデイ脆弱性が明らかとなった。悪用も確認されており、緩和策がアナウンスされている。プレビュー表示だけで脆弱性を悪用される可能性もあるという。

リモートよりコードを実行される脆弱性「CVE-2022-30190」が明らかとなったもの。VirusTotalにアップロードされた同脆弱性を悪用するドキュメントを国内のセキュリティリサーチチーム「nao_sec」が発見し、Twitterに投稿。ファイルを解析した研究者が脆弱性を別名「Follina」と名付けていた。

OfficeなどアプリケーションからURLプロトコルを使用して「MSDT」を呼び出す機能に脆弱性が明らかとなったもので、細工したファイルで脆弱性を悪用されると呼び出し元のアプリケーションの権限でコードを実行されるおそれがある。

マイクロソフトでは、脆弱性に対する攻撃の回避策として、レジストリキーの変更により、「MSDT URLプロトコル」を無効化することを挙げた。

(Security NEXT - 2022/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
東京都、若年層向けにSNSトラブル防止動画コンテストを開催
イベント参加者への案内メールでメアドが流出 - 酒田市
宛名と異なる住所へ給付金決定通知書を送付 - 鎌倉市
IoTセキュリティがテーマのワークショップをハイブリッドで開催 - TCG
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Cisco ESA」などに深刻な脆弱性 - 認証バイパスのおそれ