Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

楽天モバイルのフェムトセルに複数の脆弱性

楽天モバイルが提供する屋内向け小型アンテナ「Rakuten Casa」に複数の脆弱性が明らかとなった。2021年8月にファームウェアのアップデートをリリース済みだという。

同製品は、屋内における電波状況を改善するフェムトセル。脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、同製品のファームウェアにおいてバージョン「AP_F_V2_0_0」「AP_F_V1_4_1」に3件の脆弱性が明らかになったという。

「CVE-2022-28704」は、初期設定におけるアクセス制限の不備に関する脆弱性。WAN側からSSH接続でき、初期設定のまま認証情報を変更していない場合、root権限でログインされるおそれがある。

また初期設定でWAN側からHTTP接続でき、製品内部の情報を取得できる「CVE-2022-26834」や、認証情報がハードコードされており、製品筐体の情報を参照できる場合にroot権限でログインが可能となる「CVE-2022-29525」なども判明している。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「CVE-2022-28704」「CVE-2022-26834」が「7.5」、「CVE-2022-29525」が「5.9」と評価されている。

(Security NEXT - 2022/05/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

バイト情報サイトから登録者情報が流出 - 転得したとの人物から連絡も
委託先でランサム感染、被害ネットワーク内に個人情報 - 徳島県
高校よりレターパックで送付された申請書類が所在不明 - 東京都
「WordPress」向けプラグイン「Icegram Express」に脆弱性 - すでに攻撃も
設定ミスでメールを誤転送、姓と名を逆に入力 - 筑波大
住民関連の情報をLINEグループに投稿、職員を懲戒処分 - 湖南市
「PHP」に深刻な脆弱性、Windows版に影響 - アップデートがリリース
ランサム被害が発生、個人情報流出の可能性も - 情報処理会社
「Adobe FMPS」が静かに定例外パッチ - 深刻な脆弱性を修正
動画エンコードライブラリ「libaom」などに脆弱性 - アップデートで修正