Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クライアントソフトなど複数製品に脆弱性 - 米Zoom

米Zoom Video Communicationsは、オンライン会議ソフトのクライアントソフトをはじめ、複数製品の脆弱性を修正するアップデートをリリースした。

今回、3件の脆弱性に対処したもので、いずれも重要度は4段階中、上から2番目である「高(High)」とレーティングされている。

「CVE-2022-22782」は、同社がWindows向けに提供する「Zoom Client for Meetings」「Zoom Rooms for Conference Room」をはじめ、「Zoom VDI Windows Meeting Clients」やMicrosoft Outlook向けのプラグインなどが影響を受ける脆弱性。

インストーラーにおいて修復を行った際、権限の昇格が生じるおそれがあり、悪用されると、SYSTEM権限のフォルダやファイルを削除されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.9」。

また「Zoom Client for Meetings」のmacOS版では、アップデートにおいてバージョンを適切にチェックしない「CVE-2022-22781」が明らかとなった。悪用されると、インストールされているバージョンを安全でないバージョンに更新されるおそれがある。CVSS基本値は「7.5」としている。

さらに「Zoom On-Premise Meeting Connector Controller」「Zoom On-Premise Meeting Connector MMR」では、メモリの断片情報を接続しているクライアントより参照されるおそれがある脆弱性「CVE-2022-22783」が判明した。CVSS基本値は「8.3」と評価している。

同社は各製品向けに脆弱性を修正したアップデートを用意。利用者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性