Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀

栃木銀行は、顧客情報が記載された伝票綴り1冊が所在不明となっていることを明らかにした。

同行によれば、4月15日に栃木北支店において伝票綴り1冊を紛失していることが判明したもの。紛失したのは2019年8月13日付けの伝票綴りで、顧客情報推定110件が記載されており、氏名または法人名、住所、電話番号、口座番号などが含まれる。

同支店において、保管していた伝票綴りを本部へ送付する準備を行った際、見当たらないことに気がついた。

同行は、ほかの書類と一緒に誤って廃棄した可能性が高いと説明。関連する問い合わせや不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2022/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
住民票や戸籍証明の請求書が箱ごと所在不明に - 静岡市
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も