Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀

栃木銀行は、顧客情報が記載された伝票綴り1冊が所在不明となっていることを明らかにした。

同行によれば、4月15日に栃木北支店において伝票綴り1冊を紛失していることが判明したもの。紛失したのは2019年8月13日付けの伝票綴りで、顧客情報推定110件が記載されており、氏名または法人名、住所、電話番号、口座番号などが含まれる。

同支店において、保管していた伝票綴りを本部へ送付する準備を行った際、見当たらないことに気がついた。

同行は、ほかの書類と一緒に誤って廃棄した可能性が高いと説明。関連する問い合わせや不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2022/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国際作戦で「LockBit」の一部関係者を逮捕 - 復号鍵など押収
「VMware拡張認証プラグイン」に脆弱性 - 削除か無効化を
メールアカウント3件に不正アクセス、個人情報が流出 - 近大関連会社
エレコム製の複数無線「LAN」ルータに3件の脆弱性
ラック、生成AIシステム特有のセキュリティ問題を診断するサービス
中学校で生徒用端末から教員用資料が閲覧可能な状態に - 文京区
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
マイナンバー含むデータ入力を委託先が無断で再委託 - 熊谷市
GitLab、アップデートで4件の脆弱性を修正
「GitLab」に月例セキュリティリリース - 深刻な脆弱性を解消