Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワーク施設のセキュ対策まとめたガイドライン - 事例やチェック表も

日本テレワーク協会とセキュアIoTプラットフォーム協議会は、「安心安全テレワーク施設ガイドライン」を公開した。日本テレワーク協会のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

同ガイドラインは、レンタルオフィスやコワーキングスペースなど、第三者向けにテレワーク環境を提供する施設の運営者を対象としたもの。情報セキュリティ、施設環境面における利用上の脅威や基本的な対策、対策事例などを収録している。

管理体制の構築、個人情報や入退室の管理、ネットワークセキュリティ、物理セキュリティなど、55の対策、25の具体的な対策事例、チェックリストから構成されている。

両団体では、2019年に「共同利用型オフィス等で備えたいセキュリティ対策について」を策定し、2021年3月に改訂したが、今回さらに情報セキュリティ対策を見直したほか、作業環境、施設環境における課題と対策を追加。あらたにガイドラインとして取りまとめた。利用者が施設を選択する際にも参考となるとしている。

(Security NEXT - 2022/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

主要上場企業のDMARC導入が加速 - 本格運用はドメイン全体の5%未満
脆弱性の届出が大幅増 - ウェブサイト関連は前四半期比2.2倍に
個情委、オプトアウト届出事業者3社に行政指導 - 「転売屋」に販売も
JNSA、2023年10大ニュースを発表 - 事件事故の背景に共通項も
「メタバースセキュリティガイドライン」の第2版が公開
個情委、野辺地町に行政指導 - 管理不備や報告遅滞で
「EMV 3-D」の導入ロードマップ策定 - 不正顕著な加盟店は即時導入着手
3Qの脆弱性届け出、ウェブサイト関連が増加
スマート工場のセキュリティ対策事例 - IPAが調査報告書
2Qの脆弱性届け出、ソフトとウェブともに減少