Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java SE」脆弱性の詳細が明らかに - 発見者が影響の大きさ指摘

4月19日の四半期定例パッチで修正された「Java SE」および「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の一部脆弱性に関して、発見者より詳細が公開された。発見者はCVSS基本値を最高値と評価しており、影響範囲も広いとして注意を呼びかけている。

今回のアップデートでは、あわせて7件の脆弱性が修正されたが、そのひとつである署名検証不備の脆弱性「CVE-2022-21449」を発見したForgeRockの研究者が詳細を公表したもの。

細工したECDSA署名を用いることで署名検証の回避が可能となる脆弱性で、Oracleでは共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを「7.5」と評価している。

脆弱性を報告したForgeRockの研究者は、C++からJavaにコードが書き直された際、ECDSAの検証アルゴリズムに一部チェック機能が実装されなかったと指摘。アクセス管理において幅広い影響を及ぼすとし、CVSS基本値を最高値である「10」と評価しているという。

脆弱性の詳細が公表されたことを受け、JPCERTコーディネーションセンターではあらためて利用者に対してアップデートを実施するよう注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2022/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に