Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加

情報処理推進機構(IPA)は、2022年第1四半期に同機構へ届け出があった脆弱性について取りまとめた。「ソフトウェア製品」「ウェブサイト関連」のいずれも前四半期から増加している。

同機構では脆弱性情報を流通させるため、「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」のもと、脆弱性に関する届け出を受け付けている。

同四半期に届け出があった脆弱性は176件。前四半期の149件から27件増加した。「ソフトウェア製品」に関する脆弱性が77件で前四半期から14件増。「ウェブサイト関連」は99件で前四半期を13件上回った。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計は、ソフトウェア製品が5085件、ウェブサイト関連が1万2222件。ウェブサイトに関する届け出が全体の約7割を占めている。

ソフトウェア製品の内訳を見ると「ウェブアプリケーションソフト」が27件でもっとも多く、「スマートフォン向けアプリ」が12件で続く。

20220422_ip_001.jpg
脆弱性の届け出件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2022/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
初心者向け「SECCON Beginners CTF 2022」、6月に開催
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意