Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加

情報処理推進機構(IPA)は、2022年第1四半期に同機構へ届け出があった脆弱性について取りまとめた。「ソフトウェア製品」「ウェブサイト関連」のいずれも前四半期から増加している。

同機構では脆弱性情報を流通させるため、「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」のもと、脆弱性に関する届け出を受け付けている。

同四半期に届け出があった脆弱性は176件。前四半期の149件から27件増加した。「ソフトウェア製品」に関する脆弱性が77件で前四半期から14件増。「ウェブサイト関連」は99件で前四半期を13件上回った。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計は、ソフトウェア製品が5085件、ウェブサイト関連が1万2222件。ウェブサイトに関する届け出が全体の約7割を占めている。

ソフトウェア製品の内訳を見ると「ウェブアプリケーションソフト」が27件でもっとも多く、「スマートフォン向けアプリ」が12件で続く。

20220422_ip_001.jpg
脆弱性の届け出件数推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2022/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
macOS向けアップデート − 複数脆弱性を修正
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発
就職活動のヒアリング結果を学生に誤送信 - 近畿大九州短大
業務システムで顧客情報流出の可能性、サイトは再開 - アダストリア
不審勧誘で苦情、契約者情報の漏洩を調査 - JSB
「セゾンカード」装うフィッシング - 複数文面を悪用
保険税納付済額通知書が強風で飛散、一部所在不明 - 小松市