Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組込システム向け「mruby」に複数の脆弱性

組込システム環境において軽量の「Ruby」処理環境を提供する「mruby」に複数の脆弱性が明らかとなった。

「同3.2」より以前のバージョンにおいて複数の脆弱性が明らかとなったもの。「CVE-2022-1276」は、域外メモリの読み込みが可能となる脆弱性で、悪用されるとコードを実行されるおそれがあるという。

脆弱性報告サイト「huntr」を通じて開発者に報告されたもので、「huntr」では共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを「8.4」とした。またヒープバッファーバーフローの脆弱性「CVE-2022-1286」が判明。CVSSv3基本値を「5.9」と評価している。

一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、いずれもネットワーク経由で悪用が可能であると分析。CVSS基本値を「9.8」とし、重要度を「クリティカル(Critical)」とレーティングした。

脆弱性の報告を受け、GitHubリポジトリでは修正が実施されている。

(Security NEXT - 2022/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
「VMware vRealize Log Insight」の深刻な脆弱性、PoCが公開
コンテナ管理プラットフォーム「Rancher」に深刻な脆弱性
macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性