Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減

JPCERTコーディネーションセンターは、2022年第1四半期に同センターが把握したインシデントの状況について取りまとめた。報告数は増加したが、重複を除いたインシデント件数は減少している。

同センターによれば、同四半期に寄せられたインシデントの報告は1万6188件。前四半期の1万1870件から36.4%増加した。

重複を除いたインシデント件数は9369件。前四半期の9807件から4.5%減少している。サイト管理者などに対応を依頼した調整件数は5558件で、前四半期から15.2%減となった。

インシデントの内訳を見ると、「フィッシングサイト」が6820件で前四半期の7125件から4.3%減少。インシデント全体の72.8%を占めている。「ウェブサイト改ざん」は前四半期の906件から22.5%減となる703件。「マルウェアサイト」についても前四半期より28.3%減少して291件だった。

一方、脆弱性の探索や侵入、感染の試行などを検知した「スキャン」行為は1174件で、前四半期の1011件から16.1%増となっている。

7件確認された「DoS/DDoS」は、3月に6件が集中。「標的型攻撃」は2件でいずれも3月に報告があった。「制御システム関連」は前四半期に引き続き報告は寄せられていない。

(Security NEXT - 2022/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 12.5.7」を公開 - 悪用済み脆弱性を解消
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 不動産仲介会社
「静岡銀行」装うフィッシング攻撃 - 取引目的の確認などと誘導
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
2022年4Qの脆弱性届出 - ソフトとサイトいずれも減少
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
個人情報含む調査票を誤発送、封入ミスで - 調布市