Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Microsoft Edge 100.0.1185.29」をリリース - 独自の脆弱性修正も

マイクロソフトは、「Chromium」ベースの最新ブラウザ「Microsoft Edge 100.0.1185.29」をリリースした。「Chromium」にて修正された脆弱性にくわえて、独自の修正を行っている。

今回のアップデートは、「Chromium 100.0.4896.60」を反映した更新で、同バージョンにて修正されたCVEベースで16件の脆弱性のほか、独自に9件の脆弱性へ対処した。

同社が今回修正した脆弱性の重要度を見ると、4段階評価でもっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は含まれていない。

次に高い「重要(Important)」とされる脆弱性は、「CVE-2022-24475」「CVE-2022-26891」「CVE-2022-26894」「CVE-2022-26895」「CVE-2022-26900」「CVE-2022-26908」の6件。いずれも悪用されると権限の昇格が生じるおそれがあるという。

のこる3件については、重要度が1段階低い「中(Moderate)」とレーティングされており、権限昇格や情報漏洩の脆弱性を解消している。

(Security NEXT - 2022/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper
ヘッドレスCMS「Cockpit」に任意のファイルをアップロードできる脆弱性
Fortinet、アドバイザリ18件を公開 - 複数製品の脆弱性に対応