Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポート担当の業務委託先が侵害被害 - Okta

アイデンティティ管理サービスを展開するOktaの業務委託先がサイバー攻撃を受け、一部顧客情報が流出した。

同社では、コンタクトセンターなど展開するSitelに業務を委託していたが、カスタマーサポートを担当するエンジニア1人が使用していた端末が攻撃グループ「LAPSUS$」によって侵害されたもの。

1月16日から21日にかけて、RDPによるリモートアクセスが可能な状態となっており、スクリーンショットを撮影され、現地時間3月22日に公開された。

これに先立ち、Sitelの従業員が利用するOktaのアカウントに対し、あらたな場所よりパスワードを追加する試行を1月20日にOktaでは検知。多要素認証に失敗し、攻撃は成立しなかったが、アカウントを停止するとともにSitelへ通知し、フォレンジック事業者による調査を行っていた。

Oktaでは、Sitelより3月17日にサマリーのレポートを受け取っていたが、3月22日に攻撃者よりスクリーンショットが公開された。

サマリーにはスクリーンショットへの言及はなかったものの、調査をもとにOktaではリモートアクセスにより撮影されたもので、これらが関連するものと結論づけた。同日Sitelからも完全な調査報告書の提出を受けたという。

(Security NEXT - 2022/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市
2月3日ごろより「VMware ESXi」のランサム被害急増- 国内でも発生か
市立保育所で児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 赤穂市
「ビックカメラ」を装うフィッシング攻撃に注意を
QNAP製品のファームウェアに深刻な脆弱性 - 対象は限定的
「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意