Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サポート担当の業務委託先が侵害被害 - Okta

アイデンティティ管理サービスを展開するOktaの業務委託先がサイバー攻撃を受け、一部顧客情報が流出した。

同社では、コンタクトセンターなど展開するSitelに業務を委託していたが、カスタマーサポートを担当するエンジニア1人が使用していた端末が攻撃グループ「LAPSUS$」によって侵害されたもの。

1月16日から21日にかけて、RDPによるリモートアクセスが可能な状態となっており、スクリーンショットを撮影され、現地時間3月22日に公開された。

これに先立ち、Sitelの従業員が利用するOktaのアカウントに対し、あらたな場所よりパスワードを追加する試行を1月20日にOktaでは検知。多要素認証に失敗し、攻撃は成立しなかったが、アカウントを停止するとともにSitelへ通知し、フォレンジック事業者による調査を行っていた。

Oktaでは、Sitelより3月17日にサマリーのレポートを受け取っていたが、3月22日に攻撃者よりスクリーンショットが公開された。

サマリーにはスクリーンショットへの言及はなかったものの、調査をもとにOktaではリモートアクセスにより撮影されたもので、これらが関連するものと結論づけた。同日Sitelからも完全な調査報告書の提出を受けたという。

(Security NEXT - 2022/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日経新聞の海外現地法人がランサム被害 - 原因や影響を調査中
東映アニメの障害、原因はランサム - ソフトダウンロード契機に攻撃展開
会員向けメッセージに送信先リストを誤添付 - 医師向け会員サイト
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
F5製「BIG-IP」脆弱性、悪用容易 - 侵害有無の確認を
セキュリティ会議「CODE BLUE」、講演者の募集を開始 - 事前参加登録も
ほくせんカードの会員サイトにSQLi攻撃 - 顧客情報4.4万件が流出の可能性