Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル暗号化ソフト「アタッシェケース」にアップデート - 脆弱性を解消

HiBARA Softwareは、ファイル暗号化ソフト「アタッシェケース」に明らかとなった脆弱性に対処したアップデートをリリースした。旧版で作成した自己解凍書庫形式のファイルにも脆弱性が存在しており、再作成が必要となる。

同製品のWindows版において、検索パスに問題があり、細工されたライブラリファイルを読み込んでコードを実行されるおそれがある脆弱性が判明したもの。

「同4.0.2.7」および以前のバージョンでは「CVE-2022-25348」、「同3.6.1.0」では「CVE-2022-28128」が採番されている。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「7.8」。

これら脆弱性は、三井物産セキュアディレクションの塚本泰三氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。脆弱性を修正した「同4.1.0.0」がリリースされた。

また「同3.2.2.6」「同2.8.3.0」および以前のバージョンで作成した自己解凍書庫形式の実行ファイルには、意図しないライブラリファイルを読み込み、コードを実行される脆弱性「CVE-2017-2272」「CVE-2017-2271」が存在する。

開発者は今回リリースした「同4.1.0.0」で同問題へ対処した。脆弱性の影響を受ける旧バージョンで作成された自己解凍書庫ファイル形式の暗号化ファイルについては引き続き脆弱性が存在するため、最新版で作成し直す必要がある。

(Security NEXT - 2022/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も