Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Carbon Black AppC」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートが公開

VMwareは、実行可能なアプリケーションを制御するソフトウェア製品「VMware Carbon Black App Control(AppC)」のWindows版に複数の深刻な脆弱性が明らかになったとして、アップデートをリリースした。

非公開で2件の脆弱性について報告を受け、アップデートにて対処したもの。「CVE-2022-22951」は「OSコマンドインジェクション」の脆弱性。入力検証に問題があり、「VMware App Control」の管理インターフェイスへアクセスする高い権限を持つ場合にサーバ上でコードを実行されるおそれがある。

また管理者として「VMware App Control」へアクセスができる場合にファイルのアップロードが可能となる脆弱性「CVE-2022-22952」が判明。細工したファイルにより、Windowsインスタンス上で任意のコードを実行されるおそれがある。

いずれも共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.1」。4段階ある重要度は、もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社は脆弱性を修正した「同8.8.2」「同8.7.4」「同8.6.6」「同8.5.14」をリリース。利用者にアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
「サイボウズGaroon」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘