Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iOS 15.4」が公開、マスク着用時でも顔認証可能に - 脆弱性39件を修正

Appleは、同社スマートデバイス向けに最新OSとなる「iOS 15.4」「iPadOS 15.4」をリリースした。

今回のアップデートでは、マスクを着用したまま「Face ID」でロックを解除できる機能を追加するなど機能強化にくわえ、あわせて39件の脆弱性を修正した。

カーネルに明らかとなった7件や「WebKit」に含まれる7件をはじめ、「FaceTime」「通話」「設定」「Siri」に明らかとなった脆弱性のほか、サンドボックス、アップデート、画像や動画の処理などに判明した脆弱性に対処している。

また同社は「tvOS 15.4」「watchOS 8.5」をあわせてリリースした。今回「iOS 15.4」「iPadOS 15.4」にて修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-36976
CVE-2022-22596
CVE-2022-22598
CVE-2022-22599
CVE-2022-22600
CVE-2022-22609
CVE-2022-22610
CVE-2022-22611
CVE-2022-22612
CVE-2022-22613
CVE-2022-22614
CVE-2022-22615
CVE-2022-22618
CVE-2022-22621
CVE-2022-22622
CVE-2022-22624
CVE-2022-22628
CVE-2022-22629
CVE-2022-22632
CVE-2022-22633
CVE-2022-22634
CVE-2022-22635
CVE-2022-22636
CVE-2022-22637
CVE-2022-22638
CVE-2022-22639
CVE-2022-22640
CVE-2022-22641
CVE-2022-22642
CVE-2022-22643
CVE-2022-22652
CVE-2022-22653
CVE-2022-22659
CVE-2022-22662
CVE-2022-22666
CVE-2022-22667
CVE-2022-22668
CVE-2022-22670
CVE-2022-22671

(Security NEXT - 2022/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性