Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「えきねっと」のフィッシング、正規「自動退会処理」を偽装

2月後半より新幹線や特急の指定券予約サービス「えきねっと」を装うフィッシング攻撃が発生している。JR東日本やフィッシング対策協議会が注意を呼びかけた。

「えきねっと」は、JR東日本が運営する指定券のネット予約サービス。同サービスでは、2021年10月より、最終ログインより2年以上ログインがなかったアカウントに対して自動的に退会処理を実施しているが、これに便乗したフィッシング攻撃が発生している。

「えきねっと」では、退会処理の開始にあたり、引き続き利用する場合はログイン操作を行うよう求めるアナウンスを実施したが、今回確認されたフィッシングメールではアナウンスの文面を盗用。引き続き利用するにはログイン操作が必要であるかのように見せかけ、偽サイトへ誘導していた。

またアカウントに異常を検出したなどと不安を煽り、12時間以内に登録内容を確認する必要があるなどとだます別の文面も出回っている。

誘導先のフィッシングサイトでは、ユーザーIDやパスワード、名前、生年月日、住所、電話番号、クレジットカード情報などをだまし取ろうとしていた。

一部フィッシングサイトは3月7日の段階でも稼働が確認されている。JR東日本では、3月1日以降に同社より送信した自動退会を案内する正規メールには、ウェブサイトへ誘導するURLの記載を行っていないと説明。フィッシングメールに注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PDF生成ライブラリ「dompdf」に深刻な脆弱性 - 2度にわたり更新
ランサムウェア「Cl0p」のLinux亜種が見つかる - 復号ツールが公開
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 岩手医科大病院
共通テスト追試申請書をFAX誤送信 - 静岡大
メールの誤送信で職員を戒告処分 - 嘉手納町
契約者情報の不正持ち出し、約2.9万件と判明 - JSB
メタバース活用におけるセキュリティを考えるオンラインイベント - JSSECら
「ESXiArgs」対策で製品の更新やOpenSLPの無効化を呼びかけ - VMware
メール誤送信でキャンペーン参加事業者のメアド流出 - 三重県
し尿収集業者が収集申込者の個人情報を紛失 - 広島市