Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「えきねっと」のフィッシング、正規「自動退会処理」を偽装

2月後半より新幹線や特急の指定券予約サービス「えきねっと」を装うフィッシング攻撃が発生している。JR東日本やフィッシング対策協議会が注意を呼びかけた。

「えきねっと」は、JR東日本が運営する指定券のネット予約サービス。同サービスでは、2021年10月より、最終ログインより2年以上ログインがなかったアカウントに対して自動的に退会処理を実施しているが、これに便乗したフィッシング攻撃が発生している。

「えきねっと」では、退会処理の開始にあたり、引き続き利用する場合はログイン操作を行うよう求めるアナウンスを実施したが、今回確認されたフィッシングメールではアナウンスの文面を盗用。引き続き利用するにはログイン操作が必要であるかのように見せかけ、偽サイトへ誘導していた。

またアカウントに異常を検出したなどと不安を煽り、12時間以内に登録内容を確認する必要があるなどとだます別の文面も出回っている。

誘導先のフィッシングサイトでは、ユーザーIDやパスワード、名前、生年月日、住所、電話番号、クレジットカード情報などをだまし取ろうとしていた。

一部フィッシングサイトは3月7日の段階でも稼働が確認されている。JR東日本では、3月1日以降に同社より送信した自動退会を案内する正規メールには、ウェブサイトへ誘導するURLの記載を行っていないと説明。フィッシングメールに注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

信用情報を誤登録、与信判断に影響した可能性 - PayPayカード
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
初心者向け「SECCON Beginners CTF 2022」、6月に開催
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
個人情報含む調査関係の名簿原本をコピー機に置き忘れ - 山口県
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
「Apache Tomcat」に脆弱性 - 2月までの更新で修正済み
SonicWallのVPN製品に複数の脆弱性 - アップデートが公開
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都