Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンペ資料を無許可で外部に送信、宛先も誤入力 - 福岡県

福岡県は、飯塚農林事務所の職員が、コンペの資料を第三者のメールアドレスに誤って送信し、外部に流出したことを明らかにした。

同県によれば2月16日15時ごろ、帰宅後に自宅で業務を行うため、商品企画コンペの資料37件を同県職員が許可なく外部に送信したもの。これら資料のうち4件には、氏名や電話番号、学校名、メールアドレスなど個人情報も含まれる。

送信先は自身のメールアドレスだったが、ドメインの「gmail.com」を「gmai.com」と誤って入力。メールが到着せず、無関係のメールアドレスへ誤って送信していたことに気が付き、同日16時半ごろ上長へ報告した。

同県ではコンペの応募者37人に謝罪。システムを改修し、同県から「gmai.com」宛てのメール送信を遮断する措置を実施した。また再発防止に向け、データへのパスワード設定や私用メールアドレスへ送信を行わないなど取り組みを徹底するとしている。

(Security NEXT - 2022/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

芸術学科公演会の案内メールで誤送信 - 近畿大
富士通のネット接続サービス、8カ月以上にわたり侵害か
メール送信ミスで自治会加入申込者のメアド流出 - 室蘭市
メール誤送信で資料請求者のメアド流出 - 放送大学
案内メールを「CC」送信、顧客のメアド流出 - 丹後瓦斯
教育実習予定者の情報をメールで誤送信、入力ミスで - 静岡県立高
メールに別人の氏名を記載、作成データにずれ - 大阪スポーツみどり財団
上下水道親子サポーターの登録完了メールを前年度登録者に誤送信 - 岡崎市
シンポジウム申込者宛のメールで誤送信 - 総合地球環境学研究所
「メール119番通報」のテストメールで誤送信 - 和泉市