Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ

クラウドソーシング大手のランサーズは、セミナー応募者へメールを送信した際に、受信者に関するメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によれば、1月14日に同社主催セミナーの一部応募者へ送信したメールにおいて誤送信が発生したもの。送信先を誤って宛先に設定したため、メールアドレス432件が受信者間で閲覧できる状態となった。

翌15日メールを受信した応募者から指摘があり、20日にも同様の指摘があったことから同日調査したところ誤送信を確認した。同社では対象となる応募者にメールで謝罪。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2022/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事務局務める連絡会でメールを誤送信 - 消費者庁
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村
メールで個人情報含む表計算ファイルを誤送信 - 東京都レクリエーション協会
事業者宛のメールを誤送信、メールアドレスが受信者間に流出 - 大阪市
プレスリリースの誤送信でメアドが流出 - あいな里山公園
取引先へのメールに顧客情報を誤添付 - 岐阜のCATV
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県
新型コロナ陽性者情報含む文書を誤送付 - 岡山市