Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も

マイクロソフトは、同社ブラウザの最新版となる「Microsoft Edge 97.0.1072.69」をリリースした。

「Chromium 97.0.4692.99」をベースとしたアップデートとなり、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている「CVE-2022-0289」をはじめ、22件の脆弱性を解消した。

また「Chromium」にて修正された脆弱性にくわえて、「Microsoft Edge for Android」において独自の修正を実施している。

具体的には「なりすまし」の脆弱性「CVE-2022-23258」に対処したもので、重要度は4段階中、上から3番目にあたる「中(Moderate)」。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「4.7」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2022/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供