Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース

Googleは、WindowsやmacOS、Linux向けに同社ブラウザのセキュリティアップデートとなる「Chrome 97.0.4692.99」をリリースした。

セキュリティに関する修正は26件あり、CVEベースで22件の脆弱性に対処したことを明らかにしている。

このうち「CVE-2022-0289」については、重要度が4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。セーフブラウジング機能において解放後のメモリを使用するおそれがあるいわゆる「Use After Free」の脆弱性だという。

さらに重要度が2番目に高い「高(High)」とされる脆弱性16件に対処したほか、「中(Medium)」とされる脆弱性5件についても修正を実施した。

今後数日から数週間をかけてアップデートを展開していく予定。あわせて延長安定版となる「同96.0.4664.174」についてもあわせて提供する。

今回のアップデートで修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2022-0289
CVE-2022-0290
CVE-2022-0291
CVE-2022-0292
CVE-2022-0293
CVE-2022-0294
CVE-2022-0295
CVE-2022-0296
CVE-2022-0297
CVE-2022-0298
CVE-2022-0300
CVE-2022-0301
CVE-2022-0302
CVE-2022-0303
CVE-2022-0304
CVE-2022-0305
CVE-2022-0306
CVE-2022-0307
CVE-2022-0308
CVE-2022-0309
CVE-2022-0310
CVE-2022-0311

(Security NEXT - 2022/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chrome」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
WordPress向けショッピングカートプラグインに脆弱性 - 任意のファイルを閲覧されるおそれ
VMwareのログ管理ツールに複数の深刻なRCE脆弱性
米政府、「ManageEngine」の脆弱性に対する攻撃に注意喚起
「GitHub Enterprise Server 3.7.4」が公開 - Gitの脆弱性に対処
Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供