Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファンクラブ継続案内に無関係の個人情報 - モンテディオ山形

プロサッカークラブのモンテディオ山形は、発送したファンクラブの一部継続案内において、送付先の会員とは関係ない個人情報が記載されるミスが発生したことを明らかにした。

同クラブによれば、12月16日に2021年度シーズンシート・ファンクラブ会員に対して翌年度の継続案内を送信したところ、一部で対象者とは異なる別人の個人情報が記載されたという。

翌17日に会員より継続案内に記載された氏名や情報に誤りがあると指摘があり、配送データを確認したところ、21件に不備があったことが判明した。

業務委託先より継続案内書類を送付する際、登録情報の誤りを修正してデータの並び替えを行った際にデータの齟齬が発生。2人分の個人情報を併記する送付先に対して、一部異なる個人情報が記載されたという。

同クラブでは、対象となる会員に電話で経緯を説明して謝罪。誤送付した書類を回収するとしている。

(Security NEXT - 2021/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
トヨタの社用車管理サービスに不正アクセス - 原因は古いアクセスキー
手続き案内と勘違い、個人情報含むファイルを誤送信 - 高知労働局
委託先医療機関が他社の健診結果を誤送付 - ITS健保
患者情報含むUSBメモリが所在不明 - 横浜市立みなと赤十字病院
保育園選考結果で誤送付 - 部屋番号の「0」を意図せず削除
約1.5万件の案内ハガキで宛名違い - 大和リビング
医療相談情報含むUSBメモリを院内で紛失 - 射水市民病院
フォトコン審査資料が閲覧可能に、応募者情報も - 和歌山県社会福祉協議会