Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1人に送信すべき案内メールを約1.9万人に誤送信 - 京都市

京都市は、茶道教室の申込者1人へ送信すべきメールを約6000人に誤って送信するミスがあったことを明らかにした。メールには、申込者の個人情報が記載されていたという。

同市によれば、12月19日13時過ぎ、同市施設の無鄰菴(むりんあん)および岩倉具視幽棲旧宅の指定管理者である植彌加藤造園より、本来1人に対して茶道教室の登録を案内するメールを送信しようとしたところ、過去に無鄰菴および岩倉具視幽棲旧宅の入場予約をした約1万9000人に対して、誤ってメールを送信するミスがあったという。

送信直後に受信者から指摘があり、送信を中断したが、約6000人にメールが送信された。誤送信されたメールには、申込者1人の氏名や入会費の請求額などが記載されていた。

指定管理者では、対象となる申込者に謝罪。送信された約6000人を特定できず、送信先として指定した約1万9000人に謝罪のメールを送信している。

(Security NEXT - 2021/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
対面朗読協力者のメールアドレスが流出 - 大阪市立中央図書館
メール誤送信でワクチン接種予約者のメアドが流出 - 神奈川県
課内メール連絡の宛先に部外者複数メアド誤追加 - 香川県
婚活イベント申込者のメアドが流出、誤送信で - 山口県
保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県
処方箋薬宅配サービスでメール誤送信 - 会員メアドが流出
イベント案内メール誤送信、顧客メアド流出 - 岩谷産業
新成人の名簿を誤送信、メールアドレス誤りで - 大阪市
イベント案内メールを「CC」送信 - シナネン