Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

1人に送信すべき案内メールを約1.9万人に誤送信 - 京都市

京都市は、茶道教室の申込者1人へ送信すべきメールを約6000人に誤って送信するミスがあったことを明らかにした。メールには、申込者の個人情報が記載されていたという。

同市によれば、12月19日13時過ぎ、同市施設の無鄰菴(むりんあん)および岩倉具視幽棲旧宅の指定管理者である植彌加藤造園より、本来1人に対して茶道教室の登録を案内するメールを送信しようとしたところ、過去に無鄰菴および岩倉具視幽棲旧宅の入場予約をした約1万9000人に対して、誤ってメールを送信するミスがあったという。

送信直後に受信者から指摘があり、送信を中断したが、約6000人にメールが送信された。誤送信されたメールには、申込者1人の氏名や入会費の請求額などが記載されていた。

指定管理者では、対象となる申込者に謝罪。送信された約6000人を特定できず、送信先として指定した約1万9000人に謝罪のメールを送信している。

(Security NEXT - 2021/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
就職活動のヒアリング結果を学生に誤送信 - 近畿大九州短大
マスコミ宛てメールで誤送信、メアドが流出 - 東京都公園協会
保険福祉関連で2件の誤送信事故 - 群馬県