Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apache Log4j 2.17.0」が公開 - サービス拒否の脆弱性を修正

「Apache Log4j」の開発チームは、最新版となる「Apache Log4j 2.17.0」をリリースした。サービス拒否の脆弱性に対処したという。

デフォルト以外のログ設定を行った場合、自己参照の「Lookup」機能における再帰的な処理で不正なデータを扱うとスタックオーバーフローのエラーが発生し、サービス拒否が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2021-45105」が判明したという。

同脆弱性は「同2.16.0」および以前のユーザーに影響があり、重要度は、上から2番目にあたる「高(High)」。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.5」とレーティングされている。

開発チームでは、脆弱性に対処した「Apache Log4j 2.17.0」をリリース。脆弱性の影響を軽減する緩和策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2021/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正