Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SAP、月例パッチで脆弱性23件を解消 - 深刻度最高の「HotNews」2件

SAPは、2021年最後となる12月の月例セキュリティパッチをリリースした。深刻な脆弱性を複数修正している。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせて15件のアドバイザリを公開し、脆弱性を解消したもの。

過去に公開したアドバイザリのアップデート4件を除くと、新規のアドバイザリは11件。CVEベースであわせて23件の脆弱性に対処している。

新規アドバイザリにおいて重要度が「HotNews」とされるアドバイザリは2件。あわせて12件の脆弱性を解消した。「SAP ABAP Server & ABAP Platform」では「CVE-2021-44231」を修正。さらに中国向けに提供している「SAP Commerce」では、Javaライブラリ「XStream」に関する脆弱性など11件に対応している。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のベーススコアを見ると「CVE-2021-21345」「CVE-2021-44231」が「9.9」。これ以外にも「CVE-2021-21350」「CVE-2021-21347」「CVE-2021-21346」「CVE-2021-21344」が「9.8」で続いている。

(Security NEXT - 2021/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
「Deep Security」などトレンド2製品に脆弱性 - 実証コードが公開済み
DB管理ツール「phpMyAdmin」にアップデート - 脆弱性など解消
「McAfee Enterprise」のWindows向けエージェントに複数の脆弱性
「Microsoft Edge 97.0.1072.69」がリリースに - 一部独自修正も
「Drupal」に複数脆弱性 - サードパーティ製ライブラリに起因
F5がセキュリティアップデート - 脆弱性25件を修正
「Adobe Acrobat/Reader」のアップデートが公開 - 26件の脆弱性を解消
Google、深刻な脆弱性に対処した「Chrome 97.0.4692.99」をリリース
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 約500件の脆弱性に対応