Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医師の患者情報入り私物PCが盗難、過去勤務先のデータも - 広島大病院

広島大学病院は、同院研究室より患者の個人情報含むノートパソコンが盗まれたと発表した。

同院によれば、研究室に置いていた医師の私用パソコンが所在不明となっていることが11月15日に判明したもの。12日に医師が研究室で同端末を使用したのを最後に所在がわからないという。研究室は大部屋で複数の職員が利用しており、施錠されていなかった。

被害に遭ったパソコンには、同院や同医師が以前勤めていた県立広島病院の患者に関する情報、あわせて約700人分の患者情報が保存されていた。

広島大学病院の患者に関しては、重複を除いて40人分の情報を端末内部に保存していた。手術記録19人分には患者の氏名、性別、年齢、生年月日、術前術後診断、出血量、手術時間、術式などの情報が含まれる。

さらに術前術後のプレゼンテーション資料26人分については、患者の氏名や性別、年齢、生年月日、血液型、身長、体重、手術日、病名、入院前経過、術式などを記録していた。

(Security NEXT - 2021/12/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検定試験の解答用紙を紛失 - 中国語検定協会
生徒や教員の情報含むPCが盗難、HDDは暗号化済み - 広島大付属中
資源ゴミ保管場所から文書盗難、隣県路上に散乱 - 明日香村
神戸市民生委員が車盗被害、高齢者台帳も - 車両見つかり今後詳細調査
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
個人情報含む工事関係書類が車上荒らし被害- 名古屋市上下水道局
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
放課後児童クラブの関係者宅で児童リストなどが盗難被害
コロナ対策の庁内分散オフィスでPC盗難、容疑者は逮捕 - 芽室町
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道