Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

通販サイトでほかの顧客の個人情報が閲覧できる状態に - 平和堂

スーパーマーケットチェーンを展開する平和堂は、通販サイトにおいて、特定の状況で利用した顧客が、ほかの顧客の個人情報を閲覧できる状態にあったことを明らかにした。

同社によれば、お中元やお歳暮、おせちの通販サイトにおいて、2008年10月以降に会員登録をせずに商品を購入した顧客が、購入後に特定の状況下においてほかの顧客の注文情報を閲覧できる状態になっていたもの。

閲覧可能だったのは、注文者の氏名や住所、電話番号、メールアドレスのほか、届け先の氏名、住所、電話番号、注文情報など最大4774件の個人情報。

11月24日、商品を注文した顧客から指摘があり、調査を行ったところ、顧客情報が閲覧できる状態であったことを確認した。プログラムの不具合が原因だという。

同社では同サイトを一時停止し、再発防止策を講じる。また情報が流出した可能性がある顧客には、連絡して謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2021/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム攻撃で従業員情報が暗号化、復旧は断念 - 河村電器
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
メール誤送信で災害ボランティアのメアド流出 - 大阪市
サポート終了も1割強が業務でIE利用 - 35%はEdgeのIEモード
カスペルスキーのVPN製品に権限昇格の脆弱性
「Apache CloudStack」のSAML認証プラグインに深刻な脆弱性
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
AIによる顔画像取扱時の留意点を解説 - 日本ディープラーニング協会
WDB HDがランサム被害 - メールやファイルサーバで障害