Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ラクマ」をかたるフィッシングサイトメールに注意

フリーマーケットサービス「ラクマ」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認されており、同サービスを運営する楽天では注意喚起を行っている。

フィッシングメールは、登録済みの電話番号について確認するよう求めるふりをしてクレジットカード番号を聞き出す手口や、アカウントの停止を口実に不安を煽り、個人情報を入力させるケースが確認されているという。

同社では、個人情報を詐取されるため、フィッシングメールに注意するよう求めるとともに、誤って誘導先のフィッシングサイトで個人情報やクレジットカード情報を入力してしまった場合は、パスワードを再設定したり、第三者による乗っ取りやクレジットカードの不正利用などが発生していないか確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「JR西日本」装うフィッシングの報告が増加 - JR東日本「えきねっと」告知文を悪用
「PayPay銀行」を装うフィッシング - 「個人情報の有効期限切れ」などとだます手口
「Amazonプライムデー」に便乗、フィッシング攻撃増加 - 関連ドメイン取得の動きも
「セゾンNetアンサー」を装うフィッシング攻撃の報告が増加
書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
「さくらのクラウド」利用者狙ったフィッシングに注意 - 電話認証なども詐取
ヤマト運輸を装うメールやなりすましサイトに注意を
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
フィッシング攻撃、地域密着の信販会社を立て続けに標的に
東京電力の「くらしTEPCO web」装うフィッシング攻撃が発生中