Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ラクマ」をかたるフィッシングサイトメールに注意

フリーマーケットサービス「ラクマ」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が確認されており、同サービスを運営する楽天では注意喚起を行っている。

フィッシングメールは、登録済みの電話番号について確認するよう求めるふりをしてクレジットカード番号を聞き出す手口や、アカウントの停止を口実に不安を煽り、個人情報を入力させるケースが確認されているという。

同社では、個人情報を詐取されるため、フィッシングメールに注意するよう求めるとともに、誤って誘導先のフィッシングサイトで個人情報やクレジットカード情報を入力してしまった場合は、パスワードを再設定したり、第三者による乗っ取りやクレジットカードの不正利用などが発生していないか確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

KDDIを偽装し、「料金未払い」などとだますSMSに注意 - 支払方法の指定が「iTunesギフトカード」
「ウェブメール」のフィッシング被害が増加 - 偽フォームにメアドを自動入力する演出も
DMMをかたるフィッシング、本人確認装い偽サイトへ誘導
「メルカリ」装うフィッシングが急増 - なりすましのメルペイ不正取引も発生
「明治安田生命」のポータルサイト装うフィッシング
警察庁をかたるフィッシングメール - 「情報を保護する」とだます手口
「UCSカード」の利用者狙うフィッシング攻撃 - 利用を制限と不安煽る
「エックスサーバー」装うフィッシング - 「利用制限」「契約解除」と不安煽る
「アカウント停止」で不安煽る「偽ファミリーマート」に注意
さまざまな口実でで不安煽る「メルカリ」や「メルペイ」装うフィッシング